太陽光発電の補助金の申請方法

太陽光発電 補助金申請

 

太陽光発電の補助金の申請は、購入を検討している方であれば
その殆どの方が利用を考えているでしょう。

 

 

国の補助金が終了している現在、各自治体の補助金を申請することのなるのですが、
自治体毎に対応が全く違います。

 

自治体ごとの補助金対応の違い
  • 補助金の有無
  • 補助金支給の条件
  • 申請のタイミング

 

 

基本的に、補助金は購入者御本人が申請するよりも、

しっかりした基準と資格を持った施工業者に代行してもらい、
本人がすべき事項のみ手続きを行う。

というのが理想です。

 

しかし、施工業者の話の【真偽】を確かめる意味でも、大体の『補助金申請の流れ』を把握しておいたほうが良いでしょう。

 

補助金の有無

まずは、お住まいの地域で補助金が出るのかどうか、です。

 

地域の選択だけで簡単に確認できますので、ご自身で確認してみましょう。

 

(ほんの数秒で分かります)

自宅の補助金

 

補助金支給の条件

 

各自治体、補助金支給の条件を設けている場合がほとんどです。

補助金支給の条件例

  • 対象機器(国の補助金条件と同様が多い)
  • 設置kw数(10kw未満等)
  • 上限(3万円や5万円等)
  • 税金の滞納の有無
  • 必須機器(例:HEMS等)

県や市町村で条件が違う場合もありますので、施工業者の担当者の話を聞くと共に、
ご自身でもHPや電話等で確認しましょう。

 

申請のタイミング

申請のタイミングですが、まず【募集の時期】と【工事前・後】の2種類のタイミングがあります。

 

募集の時期

募集件数等が決まっている場合はもちろん早いほうがいいですが、
中には【第1期】【第2期】等、年間で補助金が支給されない時期がある自治体もあります。

 

せっかくの補助金ですので、確実に受け取れるように充分注意しましょう。

 

工事前・後

補助金を受け取る為には、【太陽光発電を導入しました】という申請が必要になりますが、
この【申請の時期】に注意が必要です。

  • 工事着工前に申請し、工事完了後に報告
  • 工事完了・売電契約終了後に報告

太陽光発電 補助金申請

工事着工前にまず申請する自治体が多いようです。

 

申請には多くの書類が必要となります。

 

信頼できる施工業者に、確実に用意・申請してもらいましょう。

 

 

GOOL・補助金受け取り

 

補助金は指定した口座に振り込まれますので、指定期日に確認をして頂ければ良いでしょう。

 

 

補助金申請のまとめ

 

実際には施工会社の担当者がこれらのほとんどの手続きを代行してくれますので、
【申請書類関係の記入】が申込者本人の手続きの内容となります。

 

国の補助金と違い、自治体ごとの対応になるので
申請方法や交付条件に少しずつ違いがあります。

 

地元で多くの実績のある施工業者のほうが、手続き上安心して任せられるでしょう。